令和3年度 
研修大会

研究会・研修会

研修大会開催にあたり

 第62回の川崎市幼児教育研修大会、兼神奈川県私立幼稚園教育研究川崎地区大会が川崎市、神奈川県並びに関係各位のご理解、ご支援のもと、こうして開催出来ますことに心より御礼申し上げます。 また、ご臨席頂く福田川崎市長様、橋本市議会議長様をはじめ日頃より幼児教育に深くご理解をいただいている議員代表の方々、ご担当行政や各教育機関の皆様には平素より川崎の幼児教育に対して多大なるご支援、お力添えを頂いていることに改めて心より感謝申し上げます。今年の研修大会も、新型コロナ感染症対応で、開催可否から相談を進めてきました。この2年間、各園においても行事や計画の中止や変更を余儀なくされ、感染症対策のために多くの時間を費やしてご苦労をされたことと拝察申し上げます。この原稿を作成している段階では、緊急事態宣言が解除された以降もワクチン接種の効果からか、神奈川県の感染者数も減少が続いています。以前の日常が取り戻せる日も近いのかも知れません。 先日、協会のある継続研修会で講師の先生から『昨年来、教育現場では緊張の日々が続きましたね。元々重要な使命のある職業でしょうが、子供達の命や生活を守るために、園の先生方の役割がこれほど重要だと意識されたことはなかったかも知れません。本当に皆さん、ありがとうございました。これからも身体に気を付けて子供達をよろしくお願いします。』というメッセージを参加者全員に頂きました。参加した先生方の心にも響いたと思いますが、まさしく皆さんの日頃のご努力が子供達の生活を守っているのだ、ということを実感する場面でした。一日も早く、感染症に怯えることなく子供達と園生活を目一杯満喫できるような日が来ることを願わずにはいられません。 さて、本日5年、10年、15年の永年勤続表彰を受賞される皆様、本当におめでとうございます。 今日までの道のりは、決して平坦な毎日だけでは無かったことでしょう。色々な困難やご苦労を乗り越えて、築き、蓄えて来られた経験を生かして、この受賞を機に、更に素敵な先生を目指して下さい。それこそが、よく言われる『幼児教育の質向上』に直結することだと信じています。皆様の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。  これからもコロナに負けず、加盟各園が子供達の成長を第一に考え、教職員が力を合わせて教育内容の充実、向上に努めていく姿勢が大切です。加えて、保護者の皆様にも子どもの成長を通して子育ての喜びや素晴らしさを実感していただきたいと思います。そのために、協会は今後も幼児教育の環境整備に努め、更に充実した研究、研修活動を推進して参ります。  この1年間、各研修会にてご指導賜りました講師の先生方、毎月の継続研修やその他の研修活動を献身的に運営し、お支えいただいた研修部員の先生方、そして本大会の実行委員の皆様に心より感謝を申し上げ協会長の挨拶とさせていただきます。

 

公益社団法人川崎市幼稚園協会

会長 鈴木 伸司

記念式典

式典でご登壇いただいた皆様

  • (ご祝辞)阿部 浩二 様   川崎市こども未来局長
  • (ご祝辞)橋本     勝 様   川崎市議会 議長
  • 加藤 義雅 様       神奈川県福祉子どもみらい局子どもみらい部私学振興課教育指導グループ主幹
  • 小川 久仁子 様   県議会議員多摩川会代表幹事
  • 青木 功雄 様       自由民主党川崎市議会議員団 団長
  • 岩隈 千尋 様       みらい川崎市議会議員団 団長
  • 宗田 裕之 様       日本共産党川崎市議会議員団 団長
  • 原 典之  様       川崎市幼稚園父母の会連合会 会長(川崎市議会議員)
  • 小澤 利通 様       公益社団法人神奈川県私立幼稚園連合会 会長

要項にご寄稿いただいた皆様

  • (ご祝辞)福田 紀彦様   川崎市長
  • (ご祝辞)原 典之 様   川崎市幼稚園父母の会連合会 会長(川崎市議会議員)
  • (挨 拶)小澤 利通様   公益社団法人神奈川県私立幼稚園連合会 会長

ご祝辞を頂戴いたしました

本大会開催に際しまして、大変多くのご祝辞を頂戴いたしましたので、この場をお借りしてご披露させていただき改めまして感謝申し上げます。ありがとうございました。

記念講演

【講師】前田 裕二 先生(SHOWROOM株式会社 代表取締役社長)

【テーマ】「ぼくの見てきた[セカイ]のはなし」