川崎さくら幼稚園


教育方針・沿革

 昭和27年、当地に金丸英子初代園長が幼児教育に対する熱意と地域の要望と協力により、木造平屋造りの川崎さくら幼稚園を開園。当時は水田や潮の香りに包まれていたが、現在は住宅街になり、開園当初に植樹した桜が新入園児を迎えています。新緑は木陰をつくり憩いの場となり、卒園生の二世も入園、親子の楽しい会話が聞かれます。

 園舎は、鉄筋2階建てになり、55年、学校法人金丸学園となる。創立以来、四季折々の自然に触れる遊び中心の保育をしています。自然から生命の大切さを学び、人との触れ合いのはじまりの挨拶、意欲、思いやりを園生活の中で学びます。一人一人がよく見てよく聞いて、よく考えて行動できる元気な子どもを育てています。

園の様子

所在地

幼稚園名
 川崎さくら幼稚園
園長
清水 幸枝
設立年
昭和27年
住所
〒210-0814 川崎市川崎区台町20-1
電話番号
044(266)5252
ホームページ
 
Eメール